『借り上げるゾウドットコム』は(株)松堀不動産が運営する地主・オーナー様へ向けた賃貸経営応援サイトです。当社独自の管理プランや、入居対策を実例とともにご紹介いたします。

HOME > お役立ちニュースレター > 【Vol.7】白色申告の皆さん!来年より記帳が義務になります

お役立ちニュースレター

当社では賃貸経営ニュースレターと題して、定期的に当社に物件をお任せいただいているオーナー様へ、賃貸経営を行っていくうえでの困りごとや業界の最新情報、相続税などオーナー様に関わりのある内容を解説する冊子をお送りしております。ここでは過去のニュースレターの内容をご紹介します。

白色申告の皆さん!来年から基調が義務になります

 確定申告制度には青色申告と白色申告があります。青色申告者の場合、一定の要件を備えた帳簿書類の備え付け、記録、保存が定められていますが、白色申告者のうち確定申告を行った所得が300万円超の方のみ記帳制度や記録保存制度が設けられていました。
 ところが今回の税制改正により、2014年(平成26年)1月から所得に関わらず全ての白色申告者を対象に「記帳・帳簿等の保管」が義務付けられることとなります。

不動産所得の帳簿の記帳ってどうやるの?

記帳とは
売上などの総収入金額と仕入れ、その他の必要経費に関する事項を記録として残すことを言います。一つ一つの取引ごとではなく、日々の合計金額のみをまとめて記載するというように、かんたんな方法で記載してもよいことになっています。


帳簿等保存とは
売上の帳簿、請求書、経費の領収書など、事業の取引に関連した帳簿を一定期間保管しておくことです。帳簿や書類は5年間(記帳制度適用者が記帳制度に基づいて作成した帳簿については7年間)納税者の住所地、事業所等の所在地にそれぞれ整理して保存する必要があります。


白色申告の簡単な帳簿例
非常にかんたんな例ですが、パソコンや市販の帳簿を使う場合、下記の表が基本的な書式の例となります。

帳簿例

青色申告に変えた方が確実に節税できます!

青色申告とは、一般の記帳より水準の高いものを申告に使用し、それに基づいて所得金額や税額を正しく計算し、申告することで税金の面で様々な特典を受けられる制度です。記帳は少し大変ですが、次のような特典があります。

青色申告特別控除の仕組み

青色申告特別控除が受けられる









65万円控除

事業的規模室数(物件の居室が10室以上ある、または物件を5棟以上所有している、駐車場経営の場合は駐車台数が50台以上ある)に当てはまる不動産所得のある方。


複式簿記による帳簿の記帳を行い、それに基づいて作成された賃借対照表や損益計算書を確定申告書に添付する。


申告期限内に確定申告書の提出を行う。




10万円控除

上記の条件を満たさない人すべてが対象
=何もしなくても、青色申告を行うことで確実に10万円の控除が受けられます!

青色専従者給与を必要経費にできる・その年の赤字が繰り越せる