『借り上げるゾウドットコム』は(株)松堀不動産が運営する地主・オーナー様へ向けた賃貸経営応援サイトです。当社独自の管理プランや、入居対策を実例とともにご紹介いたします。

HOME > お役立ちニュースレター > 【Vol.10】正しい確定申告書の処方箋

お役立ちニュースレター

当社では賃貸経営ニュースレターと題して、定期的に当社に物件をお任せいただいているオーナー様へ、賃貸経営を行っていくうえでの困りごとや業界の最新情報、相続税などオーナー様に関わりのある内容を解説する冊子をお送りしております。ここでは過去のニュースレターの内容をご紹介します。

 こんにちは。久方ぶりのニュースレターとなってしまい申し訳ございません。今回は確定申告をテーマにお送りします。今年はじめて確定申告をする!という方や、これからアパート経営をしてみたい!という方を対象に、確定申告の種類や申告書の用意の方法をお伝えします。なお、平成26年の白色申告の記帳義務化については、2013年発行のニュースレター7号で特集しています。ぜひ併せてご覧ください。また、紙の過去発行号もご用意しておりますので、お問い合わせください。


1月1日~12月31日までの一年分を、翌年の2月16日~3月16日まで(年によって変動があります)に申告します。


確定申告に必要な書類(申告書A・B、収支内訳書、青色申告決算書)は、国税庁ウェブサイトよりダウンロードと印刷ができます。


 確定申告には種類がありますが、スペースの都合上すべてをご説明することができません。今回はオーナー様からご質問いただくことが一番多く、かつ本やウェブサイトで言及されることが少ない、「白色申告の収支内訳書」をご説明します。なお、下記の内容はあくまで参考例です。ある程度の規模の物件(例:年間の収入が200万円~)をお持ちの方は、気軽に相談ができる税理士さんを見つけておくのが賢い賃貸経営の近道になるかと思います。


【クリックで拡大】



減価償却費の計算方法についての詳細は、スペースの都合上資料を全て掲載できないので、国税庁ウェブサイト内の平成26年分確定申告特集「平成26年分 収支内訳書(不動産所得用)の書き方」をご覧ください。